おみくじ世界化計画 › 2013年04月

2013年04月17日

おみくじの順番に諸説あり

大吉や大凶というおみくじを引くとわかりやすいですが、では「半吉」や「末吉」また「吉」を引いた場合どう考えるかが問題になります。

オール・アバウトの三浦 康子氏によると
■7段階の場合の縁起の良い順番
大吉 >中吉 >小吉 >吉 >末吉 >凶 >大凶

■12段階になっている場合の縁起の良い順番
大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

上記であると断言されています。

しかし、神社庁のホームページのおみくじの項目を見ると

…その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断(後略)

という順序で書かれています。もっともこの文章中に運勢の順番に関しては記述がありません。

神社さまのHPではどうでしょうか?

例えば東京の湯島天神様ではこのように解説しています。

Q:おみくじの順番を教えて下さい?
A: 当宮では、
おみくじの吉凶の順番につきまして尋ねられた場合は、
「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」
という順でお答えしておりますが、単に順番の善し悪しで判断せずに、おみくじに書かれている内容が、ご自身にとって良いか悪いかでご判断され、今後の生活指針にされるのが良いでしょう。

※「おみくじ」には地域やそれぞれの神社により様々な順番や種類がございます。

参考:「神道いろは」(神社本庁教学研究所監修 )の「おみくじ」の項に「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」の順番で記載されていますが、吉凶の順番は明確な記載はございません。

さて、どうなのか?個人的には先の三浦氏の考えがしっくりきます。

企画おみくじ会社の弊社の考えとしては三浦氏の順を採りたいと思います。
おみくじの順番にしても、その結び方にも諸説があります。格式ある神社さまのような伝統を重んじるおみくじはその形式に則則った作法でこれを引くのがいいと思います。

湯島天神さんの「様々な順番や種類がございます。」の言を借りるのならば、おみくじプロジェクトが作るおみくじは「諸説の中のひとつとして」三浦氏の説を採るというスタンスで望みたいと思います。

でも、一番大事なのはその順序よりもおみくじの中でふれられている「言葉たち」でしょう。

どうかおみくじの吉凶に一喜一憂することなく、おみくじの言霊からパワーをもらって明るい人生を送ってください。  


Posted by シープロジェクト at 16:12Comments(0)おみくじ

2013年04月16日

お初天神は日英2言語のおみくじで

本日は打ち合わせで梅田に出たので、帰りにお初天神に寄っておみくじを引いてきました。

こちらのおみくじは2種。100円の通常版と300円・500円の招福小物のついたパターンのもの。

お初天神おみくじ結び

しっかりしたおみくじ結び処も備えてあります。

早速私も購入。結果は「吉」うん、悪くないです。

運勢を読み終わりふと裏を返してみれば、なんとそこには英訳が。

お初天神英語みくじ

さすが観光客の方も多いんでしょうね。

絵馬はさすが曽根崎心中の舞台とあって縁結び絵馬でした。ここは恋愛のパワースポットでもあるのかもしれませんね。



  


Posted by シープロジェクト at 18:21Comments(0)おみくじ

2013年04月15日

おみくじプロジェクトホームページ、見やすくなりました。

こんにちは。おみくじプロジェクトの原口です。

本日ホームページのTOPを改めました。文章が多くごちゃごちゃした感じがありましたので、文章を別ページにしてすっきりさせてみました。

このサイトにある「スーパーおみくじ」の考え方は、市川猿之助さんが始められたスーパー歌舞伎の影響があります。大阪松竹座ではじめて観た時の理解のしやすさ、親しみやすさ。それを現代のおみくじに活かしたい。それがオーダーメイドおみくじを作る大きな動機のひとつになっています。

確かに弊社の作るおみくじは格調から言ったら社寺のそれに劣りはします。しかしわかりやすさ、ポジティブな文言が引いた人の心をあたたかくすること、くすっと笑いを誘うこと、これらにかけては負けないつもりです。

おみくじは文言が伝わってこそ、だと思います。読むために古典の知識を必要とするものもアリですが、そろそろ「やわらかい」おみくじも必要だと私は思います。

「スーパーおみくじ」新しい概念ですが、一生懸命広めてみようと思います。
  


Posted by シープロジェクト at 17:34Comments(0)おみくじ

2013年04月13日

おみくじ世界化計画、始動しました。

こちらのブログは「外国語おみくじ本舗」のブログとしてスタートしました。

こちらのサイトは開設以降多くの外国語おみくじの注文を受けてきましたが(例えば中国語おみくじ※PDF)、意外にも日本語オーダーメイドおみくじの注文も少なからずありました。

そこでこの4月、外国語、日本語を問わず「オーダーメイドおみくじ」を作る人のためのサイトとして「おみくじプロジェクト」を立ち上げました。従来の外国語おみくじ本舗もおみくじプロジェクトの1部門という形で引き続き皆様のお越しをお待ちしています。

このサイトの目的は、日本にもっとクールなおみくじを広めること。
そしてこのブログは日本の様々なおみくじの紹介とおみくじ世界化計画の過程を紹介することを目的にしています。

クールジャパン×おみくじ

このテーマでおみくじプロジェクトは3年後、フランスで行われるヨーロッパ最大の日本文化とエンターテイメントの祭典「JAPAN EXPO」へ日本のオリジナルおみくじ製作会社としての出展し、世界に日本のOMIKUJIを紹介してみたいと思います。

応援よろしくお願いします!

  


Posted by シープロジェクト at 16:42Comments(0)JAPAN EXPOへの道